エヴァンゲリオン第二十話「心のかたち 人のかたち」のネタバレ感想と視聴方法

エヴァンゲリオン

第十九話の「エヴァンゲリオン第十九話「男の戰い」のネタバレ感想と視聴方法」に続いて、エヴァンゲリオン第二十話「心のかたち 人のかたち」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

<第二十話の詳細情報>
サブタイトル:心のかたち 人のかたち(WEAVING A STORY 2:oral stage)
脚本:庵野秀明
絵コンテ:鶴巻和哉、庵野秀明
演出:大塚雅彦
作画監督:鶴巻和哉
放送日:1996年2月14日
視聴率:7.4%

それでは、エヴァンゲリオン第二十話「心のかたち 人のかたち」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

TVシリーズ版 エヴァンゲリオン 第二十話の感想

 

第二十話は大変難しいと感じてしまう回でした。内的宇宙の描写、精神と肉体の分離、人のこころ…理解するにはちょっと難しい内容となっています。

まあ理解しようとする必要が無いのかもしれませんし、ざっくりと感じたままに観ればよいのかもしれません。

 

なので、あまり言葉にして説明するのが難しいとも感じました。
(ですから、いつもよりも感想やネタバレ系が少なくなってしまいました)

とにかく第二十話は、観る人によって全く違う感じ方をする回になると思っています。

 

【ネタバレ】印象に残ったセリフやシーン

セリフ・ナンバー1|加持リョウジ「プレゼントさ、8年ぶりの。最後かもしれないがな」

葛城ミサトはシンジが無事だったこと、そして人類補完計画の進捗具合を探るために加持リョウジに抱かれます。きしむベッドの上で加持リョウジが何かを葛城ミサトにプレゼントしますが、それに対しての加持リョウジの言葉。

葛城ミサトが「変なもの入れないでよ」と言いつつ、カプセルのようなものを机の上に置いたんです。

なんのプレゼント?ちょっと怪しいもの?でも加持リョウジは真面目な顔して言っていたから、何かの時に役立つものでしょうか。気になりましたね。

シーン・ナンバー1|エントリープラグ内に取り込まれたままのシンジを助けるサルベージ計画

エントリープラグ内のLCL中にシンジの精神と肉体が漂うなか、サルベージ計画を赤木リツコが提案します。サルベージ計画とは「シンジの肉体を再構成して、精神を定着させる」というもの。

現実的には、全く理解できないことですがこれしか助かる方法はないと赤木リツコが提案します。が、失敗する可能性もあると言って、葛城ミサトの怒りを買うことにもなります。

結果的には、シンジは無事に帰ってきたのですが肉体が急に現れたので、どこから来たのかとか分かりません。葛城ミサトもエントリープラグから出てきた抜け殻のスーツを抱いて泣きじゃくっているところに、急にシンジが倒れた状態で現れます。

僕も、完全にサルベージ計画失敗したね。なんて思っていたら急に現れたので唖然としてしまいました。

シーン・ナンバー2|シンジの心の中で女子たちがあらわな格好で搭乗

シンジの精神の中で、葛城ミサト、惣流アスカラングレー、綾波レイが次々に裸で搭乗していきます。そして3人ともに「心も身体も一つになりたい?」とシンジに問うてきます。

「それはとてもとても気持ちの良いことなのよ」「いいのよ、私はいつだって」

どういった意味でこのシーンが出てきたか分かりませんが、僕が想像するに人が生きる上で「エロス」は切っても切れない関係なんだと言うことかと。生の本能とでも言いましょうか。

このシーンを挟んで来た意味を考えさせられましたね。
その前のシーンでシンジが「誰か僕に優しくしてよ」と言っているので、その流れで出てきただけかもしれませんが気になりました。

 

第二十話は使徒との戦いではなく、タイトルにあるように「心のかたち 人のかたち」という部分にフォーカスした内容でしたね。

シンジは「なんのためにエヴァに乗るの?」と問いかけられ、「褒めてくれる」からと言っているのに途中からは「父さんを見返すため」と変わっていきます。

 

人の顔色ばかり気にしているシンジですが、結局は「父さんを」を常に意識して生きてきてのでしょう。父さんが自分を捨てて出ていった、本当に逃げたのは僕じゃなくて父さんだと。

 

父さんのせいにしているだけなのか、本当に父さんが悪いのか。ただ、シンジの心の中では父さんを悪者にして生きてきた、そうすることで何かを守っているかのように感じ取れます。

 

そして、今話の最後で加持リョウジが言った「最後かもしれないが」が気になって仕方ありません。命を落とすというようにも聞けますが、それが加持リョウジなのか、話した相手の葛城ミサトなのか。はたまた人類全てなのか。早く次が観たくて仕方ありませんね。

 
【エヴァンゲリオン】のネタバレ感想一覧とオススメ動画視聴方法はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました