エヴァンゲリオン第十三話「使徒、侵入」のネタバレ感想と視聴方法

エヴァンゲリオン

第十二話の「エヴァンゲリオン第十二話「奇跡の価値は」のネタバレ感想と視聴方法」に続いて、第十三話「使徒、侵入」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

<第十三話の詳細情報>
サブタイトル:使徒、侵入(LILLIPUTIAN HITCHER)
脚本:磯光雄、薩川昭夫、庵野秀明
絵コンテ:岡村天斎
演出:岡村天斎
作画監督:黄瀬和哉
放送日:1995年12月27日
視聴率:3.4%

放送当時としては、1995年最後の放送でしたが年末ということもあって視聴率は前話よりも4%ダウンとなってしまいました。

それでは、エヴァンゲリオン第十三話「使徒、侵入」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

TVシリーズ版 エヴァンゲリオン 第十話の感想

 

第十三話で注目して欲しいのは、これまでとは大きく異なる「使徒」殲滅への対応です。エヴァンゲリオンによる使徒への直接攻撃によって使徒殲滅を実行してきました。

 

ですが、今話ではエヴァンゲリオンの出番はありません。

使徒自体が物理的攻撃を仕掛けるのではなく、コンピューターを侵食してコンピューター自体を使徒に取り込んでいくという現代的なものとなっています。

人によっては「つまらない」「戦闘シーンが観たい」と思うかもしれませんが、現代的な闘い方を観ることが出来るのでオススメです。

使徒との対決に目が離せないのはもちろんですが、碇ゲンドウの意味深な発言や加持リョウジの不穏な動きにも注目してみてください。

 

【ネタバレ】印象に残ったセリフやシーン

セリフ・ナンバー1|赤木リツコ「母さんは今日も元気なのに、私は年を取るだけなのかしらね」

この言葉を聞いたときに「どういうこと?」と思って観ていたら、どうやら『スーパーコンピューターMAGI』のことだったようです。
MAGIを造ったのが赤木リツコの実母で、MAGI3台に「母・女・科学者」の3つの要素をそれぞれ人格として取り入れていたんだとか。

セリフ・ナンバー2|碇ゲンドウ「パイロットを待つ必要はない、すぐ地上に射出しろ。初号機を最優先だ、そのために他の2機は破棄しても構わん」

この言葉も「え?なんで初号機だけ?」と思ってしまいました。この答えはまだ分かりませんが、所員2人も「初号機を…ですか?」と碇ゲンドウに問いかけているくらいです。
エヴァが使徒に汚染されてしまった終わりですが、なぜ初号機だけで良いと言ったんでしょうか。

セリフ・ナンバー3|碇ゲンドウ「進化の促進かね。進化の終着地点は自滅、死そのものだ」

このセリフを聞いたときに「現代の地球」を言っているかのようでした。進化に進化を重ねてきた人類ですが、行きつけ先は人類の破滅なのかもしれません。自然破壊が進みまくって、人間生きていく自然環境ではなくなりつつあります。
進化が進化を生み、さらなる進化を求めて進化する。進化し続けなければ生きていくことができないのが人なのでは?と考えさせられました。

シーン・ナンバー1|裸の状態でハーモニクス実験を行うなかでレイの脳内イメージがエヴァに伝達される

初めて裸の状態でハーモニクスを行った際に、レイが右手を動かすイメージをしたらエヴァの右手が動き出したシーン。
ずっと前からこの技術を活かしたロボット造りはされたいたと聞いたことがありました。脳内でイメージしたことがロボットに伝わって動く。
最近ですと、無人戦闘機だけどパイロットの意思が伝達されて動くといったニュースを聞いたこともあります。

シーン・ナンバー2|スーパーコンピューターMAGIが使徒に冒される

今回の使徒は、使徒そのものがコンピューターウイルスのようなものでした。スーパーコンピューターMAGIへハッキングを仕掛け、まず人工知能メルキオールが完全に乗っ取られます。次に、バルタザールまでもが乗っ取られそうになりますが、間一髪のところでロジックモードの変更で時間をかせぐことに成功。
その時間を使い残り一台のカスパーのプログラムを書き換えて、使徒を倒します。
が、ほんとギリギリ過ぎるところまで使徒におかされていくので、ドキドキものでした。

 

 

第十三話では、まさかの使徒侵入を許してしまいます。内部に入り込んだ使徒は、まさに「細菌サイズの使徒」と言える相手でした。

 

過去最高の難敵となったのですが、エヴァンゲリオンの出番はありませんでした。ハーモニクスの実験をしていた、綾波レイ、碇シンジ、惣流アスカラングレーの3人はエントリープラグのまま地上へ放出され、使徒を倒したあとに助けられることとなります。(実際に助けだされるシーンはありません)

 

今話は第2部「アクション編」の最後を飾るには、少し難しいものとなりましたがこれこそが最強の驚異となることを教えてもらえました。

 

使徒を武力によって殲滅するところから、コンピューター、人工知能の戦闘に変わりつつある現代を映しているかのように感じました。

個人的には、ドキドキ感を味わえましたし一番印象に残るものとなったので観て良かったです。

 

【エヴァンゲリオン】のネタバレ感想一覧とオススメ動画視聴方法はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました