エヴァンゲリオン第十四話「ゼーレ、魂の座」のネタバレ感想と視聴方法

エヴァンゲリオン

第十三話の「エヴァンゲリオン第十三話「使徒、侵入」のネタバレ感想と視聴方法」に続いて、第十四話「ゼーレ、魂の座」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

<第十四話の詳細情報>
サブタイトル:ゼーレ、魂の座(WEAVING A STORY)
脚本:庵野秀明
絵コンテ:庵野秀明
演出:大塚雅彦、安藤健
作画監督:-
放送日:1996年1月3日
視聴率:0.9%

1996年最初の放送話となった第十四ですが、視聴率がシリーズ最低の0.3%でした。1月3日の放送でしたからエヴァンゲリオンを観ている場合では無かった家庭が多かったと予想できます。

また今話は、これまでの振り返りをメインとする総集編的要素が多い回となりました。年始の放送ということを考慮したとのことです。

それでは、エヴァンゲリオン第十三話「使徒、侵入」のネタバレ感想と視聴方法を紹介していきます。

TVシリーズ版 エヴァンゲリオン 第十話の感想

第十四話で注目して欲しいのは、碇ゲンドウから放たれる様々な言葉。気になる言葉や文言が出てきますが現時点で分からないものがほとんどです。

エヴァンゲリオンアニメシリーズもいよいよ後半戦に入り、突っ込んだ話しが聞けそうです。前半はエヴァンゲリオンと使徒との対戦が目立っていましたが核心に迫っていく後半に注目です。

そのスタートが今話の第一四話ですが、お伝えしたように年始の放送だったことから振り返りメインとなっています。前半はほとんどが第3の使徒~第10の使徒を殲滅したシーンとなっています。

ちなみに、それぞれの使徒の名前や戦闘の特徴をこちらで紹介しておきます。

ナンバー名前特徴
第3の使徒
サキエル
シンジ初陣
初号機暴走
第4の使徒
シャムシエル
弱い
サンプル品
第5の使徒
ラミエル
強い
零号機と初号機のコラボ
第6の使徒
ガギエル
アスカ初陣
海上戦闘
第7の使徒
イスラフェル
分離・合体能力
初号機と弐号機のコラボ
第8の使徒
サンダルフォン
マグマ内の闘い
卵をサンプル採取する計画
第9の使徒
マトリエル
見た目グロテスク
溶解液でジオフロントを狙う
第10の使徒
サハクィエル
成層圏から垂直落下
エヴァ3体による直接要撃

個人的に印象に残っているのは第十一話で登場した「第9の使徒 マトリエル」です。かなり気持ち悪い上に溶解液をジオフロントに垂れ流して溶かすという強力な相手でした。

逆につまらない使徒は「第6の使徒 ガギエル」です。海上戦となったんですが、ただただバカでかい感じで強さはあまり感じられませんでしたね。

【ネタバレ】印象に残ったセリフやシーン

セリフ・ナンバー1|碇ゲンドウ「全てはゼーレのシナリオどおりに」

この時点では、気になるセリフではありますが全く分かりません。ゼーレのシナリオ通りにってなんなでしょうか。
あと、「タイムスケジュールは死海文書の記述通りに進んでおります」とも碇ゲンドウは話していました。

セリフ・ナンバー2|赤木リツコ「潔癖症はね、つらいわよ。人と人の間で生きていくのが。汚れたと感じたとき分かるわ、それが」

赤木リツコ本人のことを言っているように聞こえる言葉でしたね。汚れるまでは分からない、一度汚れてしまえば何度でも汚れれるし、汚れることに違和感を覚えなくなる。
まさに、大人なセリフですよね。まるで、純真無垢な少女少年が大人になっていく成長過程のように聞こてしまいました。

セリフ・ナンバー3|葛城ミサト「まさかレイを殺そうとしたの、零号機が…」・赤木リツコ「零号機が殴りたかったのは私ね、間違いなく」

第1回機体相互互換試験を行う中で、碇シンジが零号機に乗ることになる。シンジのハーモニクスを上げていくが、その途中で異常が発生。
シンジの神経パルス異常が始まり、精神汚染が始まってしまいます。この汚染がシンジからのものではなく、零号機からのものだったんです。
零号機が暴走をし始めて、ガラス越しに居る綾波レイを殴りつけます。この時に葛城ミサトは「綾波レイを殺そうとしたのかも?」と思います。
ですが、赤木リツコは「わたしを殴ろうとしたのね」と語っています。
やはり、ファーストチルドレン・綾波レイには何かありそうな予感がしますね。

シーン・ナンバー1|ロンギヌスの槍を持つ零号機と綾波レイ

一度は聞いたことがあるであろう「ロンギヌスの槍」を綾波レイが操縦する零号機が持っているシーンが最後に流れます。
碇ゲンドウが「作業はレイが行っている」と言っているので、何かを計画しているのには間違いありませんね。
ちなみに「ロンギヌスの槍」とは、イエス・キリストの絶命を確認するためにローマ兵士「ロンギヌス」がキリストの脇腹を刺したことから「ロンギヌスの槍」と名付けられています。

 

第十四話では、ほんと意味不明な言葉や気になる発言が出てきましたね。ロンギヌスの槍、ゼーレ、死海文書、アダム計画、などなど。

最終話までいよいよ半分を切ってきましたが、今まで以上に観たい気持ちがはやりますね。

 

エヴァンゲリオンの行きつく先、人類はどうなるのか、チルドレンたちは大丈夫なのか。気になること満載なので早速、第一五話を視聴したいとおもいます。

 

 

【エヴァンゲリオン】のネタバレ感想一覧とオススメ動画視聴方法はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました