【麒麟がくる第四話|尾張潜入指令】無料で動画視聴する方法&ネタバレ感想を紹介

麒麟がくる 第四話麒麟がくる

麒麟がくるも2月9日の放送で4話目となり、光秀の動きも活発になってきました。美濃の行く末を案じる光秀が「麒麟がくる」世の中にするために奔走していく姿が見えてきます。

出典先:NHK公式チャンネル 麒麟がくる] 第4回まとめ | 尾張潜入指令 | 5分ダイジェスト | NHK

今回は、2月9日放送の第四話「尾張潜入指令」のネタバレ感想、見逃してしまった方のために無料視聴する方法や、感想ネタバレも紹介していきます。

「麒麟がくる第四話」を動画配信サービスで視聴するならU-NEXTがおすすめ!



もらったポイントを使えば、実質無料で見逃し配信を観ることが出来ます。詳しくは下記のリンク先をタップして確認してください。

【麒麟がくる(大河ドラマ2020)】のネタバレ感想&動画視聴|無料で観れるの?
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよ放送されます。明智光秀を主人公とした室町幕府後期から戦国時代が描かれ、新しい明智光秀が観れる大河ドラマ「麒麟がくる」のネタバレ感想や動画視聴する方法を紹介しています。

【麒麟がくる第四話】感想ネタバレ|尾張潜入指令

今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受け、道三(本木雅弘)は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺 正章)に、天敵・信秀の容体を秘密裏に探るように命じ、その目付け役に任命される光秀(長谷川博己)。菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、三人は尾張・古渡城へ潜入。信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

第四話「尾張潜入指令」を端的に説明すると『光秀が初めて尾張・織田領に入る』ということになります。予告編では出てきていませんが、いよいよ「織田信長」との出会いがあるかもしれません。

竹千代(のちの徳川家康)との初対面となった光秀

尾張の古渡城にて、東庵を待つ光秀と菊丸のもとの一人の幼い男の子が登場する。その名は「竹千代」と言い、織田家に人質として捉えられていた。のちの徳川家康であった。

竹千代は光秀に、「この城を抜け出したいから連れ出してくれ」と懇願する。理由は、母に会うためだという。

しかし光秀は「抜け出すことは到底不可能だ」と竹千代に諭し、諦めさせた。辛抱して待っていれば、その時がくる、と。

京の「本能寺」で鉄砲を製造していることを伝え聞く光秀と道三

京の本能寺にて鉄砲を密かに製造しているという噂を伝え聞く光秀と道三。そこには将軍家、幕府が関与しているのではと。

その当時の将軍は室町幕府第13代征夷大将軍「足利義輝(向井理)」であった。足利義輝は先見の明で「鉄砲はいずれ戦の主役になる」と予想し鉄砲の製造にうごいた。

 

第三話の最後に出てきましたが、駿河遠江守護・今川義元が尾張への侵攻を開始。今川義元と織田信秀との合戦が始まりますが、この戦いを「小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい)」と言います。

小豆坂は現在の「愛知県岡崎市羽根町字小豆坂・同市美合町字小豆坂」に位置します。

小豆坂の戦いは第一次と第二次に分かれ、第二次の小豆坂の戦いで織田信秀軍は壊滅状態にされ、大敗を喫しています。

【麒麟がくる】のネタバレ感想一覧とオススメ動画視聴方法はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました