【麒麟がくる第五話|伊平次を探せ】無料で動画視聴する方法&ネタバレ感想を紹介

麒麟がくる 第五話麒麟がくる

第五話では、再び京に上ることになる光秀。鉄砲を巡る様々な展開が見られることになる今回は、みどころ満載です。

今回は、2月16日放送の第五話「伊平次を探せ」のネタバレ感想、見逃してしまった方のために無料視聴する方法や、感想ネタバレも紹介していきます。

「麒麟がくる第五話」を動画配信サービスで視聴するならU-NEXTがおすすめ!



もらったポイントを使えば、実質無料で見逃し配信を観ることが出来ます。詳しくは下記のリンク先をタップして確認してください。

【麒麟がくる(大河ドラマ2020)】のネタバレ感想&動画視聴|無料で観れるの?
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよ放送されます。明智光秀を主人公とした室町幕府後期から戦国時代が描かれ、新しい明智光秀が観れる大河ドラマ「麒麟がくる」のネタバレ感想や動画視聴する方法を紹介しています。

【麒麟がくる第五話】感想ネタバレ|伊平次を探せ

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

第五話「伊平次を探せ」を端的に説明すると『本能寺で鉄砲が製造されている情報を受けて京へ出向き、鉄砲鍛冶屋の伊平次を探す旅』ということになります。

第四話の最後に出てきましたが、京の本能寺にて将軍家・幕府が密かに鉄砲を製造していることを道三と光秀は僧侶から聴くことになりました。

本能寺と言えば、明智光秀が織田信長を討ち果たした場所。

その本能寺は、鉄砲が伝来したとされる種子島で布教活動をしていたことから繋がりを持っていたのです。種子島には本能寺の信者が多くいたことから、鉄砲や火薬といったものが手に入りやすかったのでは、とされています。

【麒麟がくる】のネタバレ感想一覧とオススメ動画視聴方法はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました