「君は月夜に光り輝く(映画)」の感想評価とあらすじ紹介!オススメしたい人はこんな人

君は月夜に光り輝く恋愛青春
出典先:U-NEXT

作家・佐野徹夜さんによる小説の実写映画化。原作小説は第23回電撃小説大賞を受賞した人気作品。

  • 公開年:2019年3月
  • 監督:月川 翔
  • 脚本:月川 翔
  • 原作:佐野 徹夜
  • 主要キャスト:永野 芽郁(渡良瀬まみず)、北村 匠海(岡田卓也)、甲斐 翔真(香山彰)

主題歌は、本作のイメージにアレンジし直した楽曲SEKAI NO OWARIによる「蜜の月 -for the film-」。

それでは、「君は月夜に光り輝く」の総合評価やあらすじ、印象に残ったセリフやシーン、こんな人にオススメしたい!という内容で紹介していきます。

「君は月夜に光り輝く」を動画配信サービスで視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXT
  • 14万本の動画が見れる
  • 無料トライアルが登録後31日間
  • トライアル期間内の解約可能
31日間無料トライアルをチェック

もらったポイントを使えば実質無料で視聴可能。しかも、31日以内に解約すれば余計な出費も必要ありません。

「君は月夜に光り輝く(映画)」の総合評価&あらすじ


出典先:東宝MOVIEチャンネル 映画『君は月夜に光り輝く』予告①【3月15日(金)公開】

高校生の岡田卓也(北村匠海)は、入院中の同級生へクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、 初めてその同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。明るく振舞う彼女だが、彼女は余命ゼロの不治の病〝発光病〟を患っていた。発光病は、細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなる病気。そして、成人するまで生存した者はいないそう…

卓也はひょんな事から、病院から出られないまみずの〝叶えられない願い〟を代わりに実行し、その感想を報告する代行体験を行うことになる。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。

しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲い、卓也に隠された“ある過去”を呼び覚ましていく…

個人的な評価としては、総合点5点満点で3.0点としました。

まずどうしても、月川翔監督作品で北村匠海くんが主演、そしてヒロインが難病系の映画といえばどうしても「君の膵臓をたべたい」と重ねて観る方も多いと思います、私もそうでした。
北村匠海くんの落ち着いていて優しい感じが主人公のイメージに合っているから、本作でも月川監督は選ばれたのかもしれませんね。

今回の作品は、主人公・卓也(北村匠海)が、入院中の同級生・まみず(永野芽郁)に代わってやってみたかった事を代行しそれを報告するというストーリー。まみず役の芽郁ちゃんは元気印のイメージでしたが、今回の作品では儚さも感じられる新たな姿を見せてくれました。

病院に居るので基本は寝間着姿ですが、回想シーンでの私服や制服姿、更に表情豊かで甘える姿はめちゃくちゃ可愛かったです。

まみずのやりたかったことを沢山こなしてくれる卓也の姿はパシリそのもので、普段目立つタイプじゃないのですが、その優しさが彼女に生きる喜びを芽生えさせてくれます。

かなり無茶ぶりな注文をしてくるまみずにとことん付き合ってくれるし、会いたいって言ったら面会時間外にも会いに来てくれて、照れ隠しの冗談にも優しくツッコミをいれてくれてる。

程よく言う事を聞いてくれて、時に大胆。これめっちゃ女子の好きなやつじゃん。(笑)

北村匠海くんこういう役どころ本当に上手ですよね~特に目線の演技が素晴らしいです。多くを語らずとも目線だけでどういう思いでいるのかが伝わってきます。

そして実は、まみずがお願いする代行体験を通して卓也自身も「生きる」という事の意味を見出しているというのがこの作品の大きなポイントとなっているのかもしれません。死と向き合っているのは、不治の病を抱えているまみずだけではないのです。

卓也が抱える死への不安もこの作品では大事な意味を持ちます。そんな二人は、出会うべくして出会ったのだと思います。そして、限られた時間の中で「生きる」ことの意味の大切さを知る…。

まみずの病気は、発光病といって実際にはない病気というファンタジーな設定です。皮膚が発光し、死に近づくにつれてその光が強くなるというなんとも不思議な病気。

長くは生きられないけど、体が光る病気なんてちょっと神秘的…屋上で2人で月を鑑賞するシーンはすごく綺麗…なのですが、発光病という病気について作品の中で詳しく語られることはなく、傷みがある病気なの?とか病室から一歩も出ちゃいけないほどの症状なの?とか個人的には、もう少し詳しく知りたかったです。

そんな突っ込みどころもありはしましたが、映画全体の雰囲気はとても綺麗で、さわやかだけど、切ないラブストーリーとして観ることが出来たと思います。

「君は月夜に光り輝く(映画)」のここが良かった!

ここで私が個人的に気に入っているセリフ・シーンをあげてみたいと思います。

  • まみずのやりたかった事を叶えるために卓也が遊園地に行くシーン。ジェットコースターに乗るとジャンポケの斉藤さんが!ナイスな役を演じてます。(笑)その後のシーンでも登場しますが、笑える映画ではないと油断していたので予想外の登場に吹きました。
  • これは、この映画の中でも一番きゅんとしたシーン。何気ない会話の掛け合いの中で卓也がまみずから聞き出した誕生日と靴のサイズ。そしてそれを「これ、さっき道で拾ったんだけど」と渡す卓也。え、ナチュラルにかっこよすぎません?
  • 作品の後半で卓也がまみずの父(ミッチー)に呼び出されるシーンがあります。これは、男親ならいつかやりたい妄想のシーンなのですが…感動します!是非、本編で。

「君は月夜に光り輝く(映画)」はこんな人にオススメ!

今回は、「君は月夜に光り輝く」について感想や評価について記事にしました。

個人的に、「君は月夜に光り輝く」を観て欲しいと思う人は…

  • 今田美桜ちゃんのメイド役が観たい方、めちゃめちゃ可愛いですよ~
  • 難病系というジャンルを好まれる方
  • 北村匠海くんと永野芽郁ちゃんが好きな方

こういった方に、君は月夜に光り輝くを観てもらうと観終えた後に「大満足!」と感じてもらえるのではないでしょうか。

「君は月夜に光り輝く」を動画配信サービスで視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXT
  • 14万本の動画が見れる
  • 無料トライアルが登録後31日間
  • トライアル期間内の解約可能
31日間無料トライアルをチェック

もらったポイントを使えば実質無料で視聴可能。しかも、31日以内に解約すれば余計な出費も必要ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました