マスカレード・ホテル(映画)のあらすじ感想|無料でフル動画を見る方法は?

東野圭吾による長編小説ミステリー「マスカレード・ホテル」を木村拓哉主演で映画化。

  • 公開年:2019年1月
  • 監督:鈴木雅之
  • 脚本:岡田道尚
  • 原作:東野圭吾
  • 主要キャスト: 木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能勢)


出典先:東宝MOVIEチャンネル 映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

それでは、「マスカレード・ホテル」のフル動画を無料で見る方法やあらすじ感想、印象に残ったセリフやシーン、こんな人にオススメしたい!という内容で紹介していきます。

マスカレード・ホテルのあらすじ感想

東京都内で3件の殺人事件が起きる。現場にあった暗号を暗号から読み解いた新田(木村拓哉)が、4回目の殺人は「コルテシアホテル」だということを紐解いた。
犯行を予告された警察はホテルに打診して潜入捜査をし、ホテルに多くの警察官がホテルマンに扮して入ることとなる。

新田は帰国子女で英語がペラペラだったこともありフロント担当に任命される。その際、ホテル側の指導役として相棒になったのがフロントマンの山岸尚美(長澤まさみ)だった。

さすがに、何の経験もないズブの素人がフロント業務は無理でしょ!?って感じた。

案の定、新田は接客態度が悪くお客を怒らせてしまう。ただしお客の態度が横柄だったこともあり、普通の人間ならそう云うよね、と感じたがフロントマンである以上は許されない対応だった。山岸から「フロントマンの仕事を甘くみないで!」と言われてしまう新田。

そんな新田に次々と怪しいお客が接近してくる。

まず一人目は、サングラスをかけて一見すると目が不自由に見える老婆。名前は「片桐(松たか子)」という。
明らかに怪しさを感じた新田は、山岸に十分気をつけるように伝えるのが、お客様を第一に考えているので疑うことをしないと言い放った。

二人目がストーカーに追われているという安野(菜々緒)。フロントに入って来るやいなや、館林(宇梶剛士)を見せて、「こいつはストーカーだから私に近づけさせないで」と言い出す。

ここでポイントとなるストーカー問題。山岸は以前にストーカー女性がホテルに来て、彼氏の部屋番号を教えてろだの、このホテルに泊まらせろだのと言われたが、一貫して女性を近づけさせない対処をとる。この話を新田にした際に「絶対に部屋番号だけは教えてはいけない」と言っていた。

しかし、館林がストーカーだと思いこんでしまった山岸は、安野にうかつにも部屋番号を教えてしまうのであった。実は安野が館林を狙っていたのを知り、新田と山岸は急いで止めに行くが一歩間に合わず部屋に乗り込んだ。そこには、見知らぬ女性と二人だった館林。

実際、安野と館林は実の夫婦で離婚届を突きつけるために嘘をついていただけだった。本当のストーカーだったら殺人もので、山岸の責任問題になっただろう。

三人目がスーパークレーマーの栗原(生瀬勝久)。なぜか、栗原は新田を指名してクレームの嵐を言い続ける。フロントマンなのに「かばんを持て!」と怒鳴ったり、部屋の眺望とホームページに掲載されている眺望が違うと文句を言い始めた。

挙げ句の果てに、部屋をグレードアップさせて眺望の良いところを選ぶのかと思えば結局、最初の部屋で言いと言い出す。

この時点で、栗原が殺人犯では無いと感じつつも、どういった接点があるのか気になった。

引き続くクレームは、パソコンのファイルが壊れたのは新田の運び方が悪かったせいだと。だからファイルに打ち込んであったデータをもう一度打ち直せ!と言い出した。パソコンに詳しい人が見れば復元できるはずなのに、それは駄目だから打ち直せの一点張り。何がしたいのかさっぱりわからなかった。

最終的には、パソコンに打ち込んだファイルの中身が抜けている!新田が打ち込みに手を抜いたからだ。打ち直せ、なんなら土下座しろ!とまで言い出す。

これは明らかな犯罪、今流行りの土下座の強要!これに対して取った新田の行動は好きだった。

しかしながら、ここまでイイ話が続くと犯人居なくない?ってなった。もうホテルマンの誰かが犯人じゃないかとまで疑い始めた。

個人的な評価は、総合点5点満点で3.5点としました。

ここからは【ネタバレ】!

犯人は松たか子演じる「長倉麻貴」で、ホテルに乗り込んだストーカーだった。

長倉麻貴は、彼氏の子供を身籠ったが相手は本気ではなかった。彼氏を追って愛知から東京に出てきた長倉は、長澤まさみ演じる山岸がホテルマンをしている「コルテシアホテル」に向かった。
それは、山岸が語っていた「ストーカーがやってきた事件」の張本人が長倉だったのである。

冷たく対応された長倉は山岸を恨んでいた。ホテルの外で一夜を明かし、彼氏が出てくるのを待ったがその代償は大きく流産してしまうのである。

長倉は、山岸に対して仕返しをすることだけを生きがいにして生活してきたのだった。

長倉はかつ劇団で演じていた老婆に扮して全く別人になりすまして、山岸に近づき殺害計画を実行するが、犯行寸前で新田に取り押さえる。

新田は、長倉の部屋を必死に探しまわって、二人が居た部屋も敢え無く出てしまうのであったが、「ホテルのマークが刻印された長い黒色の文鎮」が曲がっていたことでわかった。

この文鎮は映画の中で何度も出てきて、山岸がまっすぐに揃えていた。お客さんが部屋に入る前の段階で文鎮が曲がっていることは考えにくい。だから、新田は文鎮の曲がりに気が付きつつ、一旦部屋を出て油断させてから長倉を取り押さえるのだった。

個人的には、満足することが出来た映画だった。本格ミステリーというほどではないので、スリルという意味では弱い印象。また犯人探しについては、ミステリーものが好きな人であればすぐに分かるが、そうで無い人にとっては最後までわからないので楽しめるはずです。

マスカレード・ホテルのこの言葉が印象に残った!記憶に残った言葉


マスカレード・ホテルを観てみて私が気に入ったセリフやシーンを挙げました。

  • ホテルマン「お気をつけていってらっしゃいませ」

この言葉はホテルに宿泊しても聞き流している感じで心が特別に動いたことは無かった。でも、マスカレード・ホテルを見たあとだと心に響くはず。
お客様がホテルを出れば、ホテルマンは無力で祈るしかできない。という想いがこの言葉に入っているのだと。

  • 山岸「お客様は仮面をかぶっている。仮面舞踏会を楽しむためにホテルにやってきている。ホテルマンは決して仮面を剥がそうとはしない」

ホテルは異空間で、普段を違う自分になれるし気分の高揚もある。自分では感じずとも、いつの間にか仮面をかぶり仮面舞踏会を楽しんでいたのかもしれないと気付かされた。

  • 新田「老婆が言った言葉で一つだけ正しいことがある。それは、ここはとても良いホテルです。と言ったこと」

非日常を楽しみに行っているからこそ、泊まったあとに良いホテルだったと言いいたい。安くで宿泊できるホテルも良いけど、非日常を味わうならリッチなホテルが心に優しい。

  • ホテルの裏側…監視社会!という印象。監視カメラが隅々に設置され、それを裏側で見られている。高級ホテルならでは、かもしれません。プライバシー問題と危険を未然に防ぐという裏腹な事情がある昨今ならではシーンでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました